2017年8月26日(土)

グリーン・ケア活動日記(by森岡)

暑さも峠を越えた八月末、暦は処暑に移りました。春夏野菜でまだ頑張って実をつけてくれているのは7月末に切り込んだ秋茄子と花オクラです。夏休みも終わり、畑も秋冬野菜の準備に入りましたが、相変わらず雑草の勢いは衰えず、畝作りを阻んでいます。参加者のみなさんは汗だくになりながらの作業でした。
全体区画では、今年度も昨年に引き続き、熊本地震の被災地支援のためのジャガイモの植え付けが行われました。収穫祭の楽農祭での加工販売の材料になります。グリーンケアも積極的に参加したいと考えています。
さて、九月の初旬の作業では、順次秋冬野菜の種蒔き、苗の植え付け等が行われる予定です。春夏期には参加できなかったメンバーの皆さんも是非心機一転、一緒に農作業をしましょうね。
荒地宵待草

花おくら

じゃが