2017年10月15日(日)

グリーン・ケア活動日記(by森岡)秋雨や蜘蛛が畝間を走りたる

秋雨前線が留まり、運動会や稲刈りも延期になったりして影響を受けています。昨日の土曜日、畑に出向きますと、初秋が比較的高温であったために黒豆コガネなどの虫が相当発生しダイコンやカブラが喰われていました。今年はネットをやめて不織布を虫除けとして使っていますが、期待する効果を得るのは難しいようです。虫が発生するとその虫を捕食する蜘蛛やカエルなども集まって来ます。ところがネットや不織布で覆うと捕食する虫や小動物が中に入れず内部が害虫の天国になって、一気に食い荒らされる、というようなことが起こっているかも知れません。不織布を取り払うことも考えてみます。他方、ジャガイモやニンジンは順調です。さつまいもは試し掘りではちょっと厳しい感じ。もう直ぐ落花生を掘る予定です。
花便り二つ。残しておいた空芯菜が花をつけました。白いアサガオのような可愛い花です。初めて見ました。杉五兵衛農園では畦のコスモスが満開になっていました。
コスモス

空芯菜花

人参葉

ジャガ葉