2018年6月2日(土)

グリーン・ケア活動日誌(by森岡)玉ねぎ、じゃがいも、えんどうなどを収穫

暦は小満、春に芽吹いた草木、作物、生き物たちが、それぞれの、ある成長段階に達する時期という意味だそうです。
私たちの畑の野菜もそれぞれ収穫時期になったもの、夏に向けて一段と成長したものがあり、賑やかになっています。
上の畑は来週末、杉五兵衛さんの田植え体験教室になるとのことで、植わっていたえんどうや玉ねぎ、じゃがいも、そら豆などを急いで収穫しました。メンバーで持ち帰っても置き場所に困る人もいそうなので、玉ねぎは裏の竹林でいただいた竹を組んで横に竿を渡して、数個づつ紐で括って吊るしました。これでしばらく日持ちします。皆で少しづつ分け合いながら食べようという算段です。
また今日は、デイケアのこどもたちも参加してくれて、水やりや草引きをメンバーと一緒にやってくれました。畑の作業にも慣れて来たようです。作業を通じていろんなことを経験し学んでくれたらと思っています。
来週早々にも梅雨入りするとか、またひとつ季節が進みます。気温も上がって夏日も増えて来ます。皆さまご自愛くださいませ。
レタス

青空

たまねぎ